子育てママのお役立ち情報

投資や節約、時短家事・家電大好き。

妊娠したら会社を解雇されそうになった話~マタハラ・不利益取り扱い体験談~

f:id:nicky_oyakudachi_info:20210728145228p:plain

どうもこんにちは、ニッキーです!

タイトルにもありますが妊娠したことで

解雇されかけた経験がある私です。

転職前の会社がなかなかブラックで

産休育休も取りづらそうだから

今度は大手に転職しよう!と

今の会社に入りました。

 

入社して大正解!

お金に余裕のある会社だからか

福利厚生もしっかりしているし

前職より給料もいいし雰囲気も良いし 

人は優しいしここなら法律も

きちんと守ってくれそう!!

 

・・・そう思っていました。

 妊娠したことで解雇されそうになるまでは。

 

第1子の産休はすんなり入れました。

マタハラされることもなく、

むしろみんなすごく気遣ってくれた。

でも仕事量を変に減らされるとかはなく

私と相談しながら仕事は

たくさんさせてくれた。

産休が終わって育休に入っても

特にトラブルとかはなく

なんていい会社なんだろうと

本当に感謝する毎日でした。

 

事態が急展開したのは第2子の妊娠を

会社に告げたあとのこと。

第1子の育休中の妊娠判明でした。

簡単にまとめると、

「これ以上戻ってこれないなら解雇します」

というメール1通で解雇通告を受けました。

 

なななななんと?!!!

法律ちゃんと守る会社じゃないの?!

私が産休育休に入っても

手当は国が負担してくれるし

会社に金銭的負担ないよね?!!

やりとりはちょっとすることあるから

人件費は多少かかるかもしれないけど

たまにメールや電話するくらいよね?

なに言っちゃってんのこの人達~!!

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

…てな感じで最初は気が動転したけど、

第1子の産休に入る前に

妊娠や産休育休関連の社内規定や法律を

しっかり調べていたわたし(えらい)

 

いちおう第2子目の育休をとったらクビとか

そんな社内規定があるのかと資料を見ても

どこにもそんなことは書いていない。

そりゃそーだ笑。

 

で、これはおかしいと思って

すぐに労働局に電話!

コロナ失業の相談も多い時期だったのか

つながるまで少し時間がかかったけど

数分でつながりました。

(労働局は匿名で相談にのってくれるし

希望しない限り会社にも連絡いかないので

相談しやすいですよ)

 

労働局より、会社の言い分は

完全に法律違反だと回答をもらって

ひとまず胸をなでおろすわたし。

ちょっと専門用語になりますが

こういう例を「不利益取り扱い」

というそうです。

その名の通り、特定の労働者に

不利益になるようなことしちゃ

ダメですよ~ってことです。

 

説明のあと、労働局の担当者から

私から会社に2点確認するよう

言われました。それは、

 

1.妊娠を契機とする解雇通告なのか

2.法律を知ったうえで解雇通告しているのか

 

両方Yesと言われたら労働局から

会社に電話連絡すると言われました。

法律違反だって知っててやってるとか

大問題だもんね(笑)

 

2つの質問を投げてから

しばらく会社から連絡はこなかった。

けどクビになったらせっかく決まった

上の子の保育園も退園しなきゃいけないし

再就職決まるまで保育園探せないし

負けるわけにはイカン!と思って

最終的には裁判だってする覚悟でした。

「妊婦が会社相手に裁判して勝訴!」

とかめっちゃかっこよくね?(∩´∀`)∩

ニュースになっちゃうかもどうしよ~!

とか妄想したり少し余裕がでてきた私(笑)

 

そんなとき、会社から突然

「解雇は取り下げます」と連絡がきた。

 

どうもこの話、上層部は知らなくて

一部の人間だけで決めた話だったらしく

上層部の鶴の一声で

私の解雇が撤回されたらしい。

質問2つに対する明確な回答もなかったし

法律違反ってわかってたんだろうな。

私のメール見てやばい!

って思ったんだろうな。 

推測だけど、連続でお休みに入る私を

『やる気がない』『復帰する気がない』

と判断したんじゃないかと思います。

 

でも第1子の産休に入る前、

欠勤遅刻早退も一切せずに

仕事もかなり真面目にキチンと

やっていたほうだと思うので

2人目の子供ができたことで

この扱いを受けたことは

かなりショックだったな。

 

まあすごく腹は立ったけど

保育園問題とかひとまず

悩む必要がなくなってよかった。

 

今でこそブログに書けるけど

渦中にいたときはストレスで

妊娠中のお腹が痛むことも多くて

子供になんかあったらどうしよう

って悶々とする毎日でした。

会社と戦うなんてやめたほうが

いいんじゃないかとも

頭をよぎりました。

 

でも、子供を産みたい人が

自由に産めるようになってほしいと

願わずにはいられない私です。

だって子供本当~~にかわいいもん。

だから最後まで戦う覚悟でした。

 

いままさに悩みの渦中にいる方へ

少しでもこの記事が参考に

なればいいなと思っています。

 

解雇まではいかなくても

労働局はマタハラや降格の

相談にものってくれますよ!

匿名でOKなので相談しやすいし

赤ちゃんのためにも

ひとりで悩まないでくださいね。

 

~参考URL~

①会社が違反しようとしていた法律は

男女雇用機会均等法第9条3項」です。

下記リンクのP27~31に

詳しく記載があります

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000212706.pdf

 

都道府県別労働局相談先

会社の所在地の労働局に相談できます

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html

 

長文お読みいただきありがとうございますm

↓バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm