子育てママの投資とオカネの記録帳

仮想通貨(ビットコイン)や米国ETFを中心に運用しています。

2022年8月の私の資産総額割合を公開します

8月に入ってから家族全員コロナになって

なかなかブログ更新できませんでした。

私は味覚嗅覚障害、頭痛、長引く咳が

後遺症として少しの間残っていました。

ワクチン3回打ったからか軽症だったけど

やっぱりただの風邪とは違いますね。

みなさんもお気をつけて!

 

さてさて、遅くなりましたが

7月の投資や資産総額についてまとめます。

7月のビットコインは300万円前後をうろうろ、

イーサは15万円前後から23万円前後まで浮上、

ドル円は最高値139円台、最低値132円台

本日8/18時点では135円台になっています。

法定通貨のくせに仮想通貨みたいな

激しい動きをしていますね~。

この動きで億り人になった人、

全財産失った人、さまざまですね。

 

私はというと相変わらず

マイペースに投資してます。

先月はこんな感じでした↓

 

米国ETF→約12万円買い

投信→12,260円買い

仮想通貨→購入なし

 

7月も動きが激しかったから

下がった時に多めに米国ETF

買い増ししましたよ。

仮想通貨は保有割合が多すぎるから

しばらく積極的な購入は

しない方向で考えてます。

でも枚数を増やしたいから

BitLendingで貸し出しだけは

継続しています。

oyakudachi-info.hatenadiary.com

そんなこんなで、

8/1時点の保有資産割合は

こんな感じになりました。

相変わらず暗号資産が多いですね。

全部ビットコインイーサリアムです。

てか私よりもっと堅実な投資家さんたちは

暗号資産25%、円25%、米国ETF30~40%

くらいでやるんだろうなあ笑。

 

動きが激しくて安定しない暗号資産を

私がこんなに持っているのは

これからの伸びしろを期待しているからに他なりません。

 

まだまだ過渡期とはいえ

確実に来るWEB3.0中心の世界。

この世界が一般的になった時に

暗号資産は今の何十倍、

もしかしたら何百倍もの

価値になるのでは思っています。

インターネットが普及した時や

スマホが普及した時もそう。

新しいサービスに真っ先に目をつけて

先行投資した人が莫大な利益を得ました。

 

未来を予測することは誰にもできないけど

私はそこにかけてみたいなと思っています。

暗号資産が完全崩壊したら

思う存分私を笑ってください笑。

 

暗号資産が爆益をたたき出す頃には

日本の暗号資産利益に対する税率が

他の金融商品と同じ20.315%に

なってたらいいなあと願ってる私です。

日本政府の税金の使い方には

思うところがとても多いので

しっかり節税もしていかねばね!

個人は賢く資産を増やしていきましょ♪

 

それでは今日はこのへんで♪

 

バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm

 

米国株で円安対策~高配当株式ETFのSPYDを約1年運用した結果~

ああ、円安が

ひどすぎる・・・。

 

ドル円は7月に入ってから

139円台をつけちゃって

いよいよ140円台が現実味を帯びてきた。

いったん135円台まで戻ったけど

まだまだ以前の価格に戻る気配はない。

アップル製品は2割も値上げしたし

電気代は上がり食料品も値上がりした。

日銀の金融緩和も継続されるようだし

この状態が長引く可能性が

高いのではないかと思っている私です。

 

円安が将来的に改善されるかどうか

誰にもわからないことだけど

今回の件でわかったことは

円資産だけを持っているのは

リスク管理の観点からみても

とてもリスキーだな、ということ。

仮にこのまま円安が続いてしまうなら

日本に住んで円を持っているだけで

どんどん貧乏になっていくということだからね。

 

なので私はリスク分散のために

「世界一の法定通貨=米ドル」にも

継続的に投資をしていますよ。

アメリカの景気後退リスクが、

とか色々言われているけど

100年先まで人口が増える見込みの

世界一の経済大国アメリカ。

中長期的に投資を続ければ

利益が出る可能性が高いと思う。

むしろアメリカが終わったら

世界が終わるんじゃないか笑。

 

<配当金も米ドルでもらえる米国ETF>

いま私は6種類の米国ETFに投資しています。

円安の今、とてもありがたいと思うのが

米国ETFに投資をしていると

配当金も米ドルでもらえるということ。

「高配当株」と名のつくもの以外は

そんなに配当金も多くないけれど

円安すぎて外貨も買いづらいいま、

しみじみありがたいなと思うのです。

 

中でも私のお気に入りはSPYDという銘柄。

あのS&P500を構成する銘柄のうち

配当金利回りの高い80社に投資しているから

持っているだけでけっこう配当金がもらえる。

 

・1株から購入可能

・1株だいたい40ドルくらい

・2021年は1株あたり1.5492ドル/年の配当金

・買付手数料無料(楽天証券

 

仮に100株持っていたら1ドル=135円として

年間で20,914円相当もらえるのです。

不労所得として悪くない金額よね。

 

コロナショックの2020年に

1株20ドル台まで落ち込んだけど

1年ほどでもとの価格に戻ったから

危ない銘柄ではないかと。

f:id:nicky_oyakudachi_info:20220727130012j:image

<私が受け取った配当金総額>

私は去年の夏の終わり頃から

SPYDをコツコツ買い続けていて、

いま合計で78株保有しています。

合計で受け取った配当金はこれくらい。

f:id:nicky_oyakudachi_info:20220727125803j:image

合計63.38USドル

(税引前70.90USドル)

=8,556円相当

 

今年中には保有株数を100株くらいに

できたらいいなーと思っています。

あと22株だから12万円くらいあればいけるね。

価格があまり乱高下しない銘柄だから

タイミング考えすぎなくても

買えるのが個人的にお気に入り。

 

仮想通貨のレンディングといい

米国株の配当金といい

不労所得ってほんと最高。

寝ても覚めてもお風呂入ってても

勝手にお金が入ってくる。

精神安定剤的な存在ですよほんと。

 

私はSPYDの買付手数料無料の

楽天証券で買っていますよ。

www.rakuten-sec.co.jp

他の銘柄だと約定代金の0.495%が

買付手数料としてとられるけど

SPYDはこれが無料だから

買い続けるならかなりお得ですね。

同じく高配当株として有名な

HDVやVYMは手数料がかかるから

やっぱり私のお気に入りはSPYDかな。

 

円安にも負けず、

個人は賢く資産を増やしていきましょ♪

それでは今日はこのへんで♪

 

バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm

 

【最新】60日間ビットレンディングにイーサリアムを預けた結果~利益を公開します~

BitLending(ビットレンディング)で

イーサリアムをレンディングし始めて

早いもので6/30で60日が経過しました。

 

※レンディング=暗号資産の貸し出しのこと。

ビットコインイーサリアムを貸し出すことで

貸借料(定期預金の利息みたいなもの)が

もらえるのです。

 

ちなみに私が貸し出している

イーサリアムの数量とか詳細はこれくらい。

 

・契約数量:0.5ETH

・貸借年率:10%(先行者特典、今は8%)

・預け入れ開始日:2022年5月2日

 

この条件で、BitLendingさんに

イーサリアムを60日間預けて

確定した貸借料はこちらです。

 

ドドンッ!

f:id:nicky_oyakudachi_info:20220719121540j:image

トータルで

0.00776372ETH

円換算で1,630円

でした!

(※1ETH=21万円としています)

 

私の場合、イーサリアム

預け入れ数量が少ない(10万円相当)

ので貸借料も少なめですが、

仮に5ETH(105万円相当)を

年利10%で60日間貸し出ししたら

0.08219178ETH=17,260円相当

の貸借料がもらえる計算です。

2ヵ月で17,000円ってすごくないですか。

今は年利8%の受付のみなので

少し少なくなりますがそれでもすごい。

他社比較してもトップクラスの貸借料です。

たとえ10万円でも

メガバンクの普通・定期預金等で

放置したらほぼゼロ円です。

少しでも仮想通貨を保有している方は

やってみて損はないサービスかと思います。

 

そんなにすごいなら今すぐ申し込むわ!

って方はこちらからどうぞ ↓

\年利8%で貸し出してみる/

BitLending

 

以前のブログでも書いたけど、

BitLendingさんがここまでの年利を

出せる理由としては、

 

①月刊暗号資産の事業がある

→雑誌の事業があるから先行投資として

 ある程度利益を犠牲にしても大丈夫

 

②貸し出し先が多い

→海外の暗号資産交換業者や

 機関投資家(大口さん)にも貸すから

 貸出先が多くて年利も多く払える

 

ということだそうです。

しばらくビットコインイーサリアム

保有し続ける予定の方におすすめです。

 

私はビットコインも240万円相当

預け入れていますよ ↓ 

oyakudachi-info.hatenadiary.com

 

※もちろん、会社破綻リスクとか

価格暴落リスクとかはあるので

しっかりとリスクを考えて

判断することは絶対条件です。

 

BitLendingに仮想通貨を送付する時だけ

0.0005BTCくらいの手数料がかかるけど

利用手数料とかは無料です。

申込みをしたらメールがくるので

記載の送付先アドレスに送金すると

あとは自動的に貸し出しを開始してくれます。

早ければ次の日から貸し出し開始します。

びっくりするくらい簡単でした。

\さっそく年利8%で貸し出してみる/

BitLending

 

ちなみにBitLendingさんでは

コインの購入はできないので

暗号資産自体を持っていない方は

まず口座開設が必要です。

私はビットコイン取引所手数料無料の

コインチェックで買ってます。

最短1日で取引可能ですよ。

リンク貼っておきますね。

コインチェックで口座開設する/

コインチェック

 

私が以前BitLendingについて

たくさん調べた時の記事もあります。

不安な方は、もしよかったら

参考までに読んでみてね。

oyakudachi-info.hatenadiary.com

 

ここ数日ビットコインイーサリアム

価格が多少上がりはじめてはいるけど

以前のような価格になるのには

まだまだ時間がかかると思うから

売るに売れない人とか長期保有の人は

レンディングやっておいたほうがいいです。

「時間を味方につけられる時間」も

限られているのでね。

 

時間を最大限有効活用して

賢く資産を増やしていきましょ♪

それでは今日はこのへんで♪

 

バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm

 

2022年6月の配当金収入と投資額まとめ

投資記録を始めて、1年11か月が経過。

マタハラで会社をクビにされかけて

投資や資産運用の本気モードに入り

2020年8月から2022年6月で

+4,569,227円を達成しました。

6月単月の増加額は+248,923円

(確定益での増加分含む)

いちサラリーマンとしては

なかなか健闘しているかな。

7月も使うところは使いつつ

投資と倹約を頑張りたいと思います!

 

ではざっと、

6月の投資について振り返ります。

数十円、数百円単位のものは省いて

まとまった金額のものだけ

記載していますのでご了承ください。

6月の配当金関連

米国ETF

 52.70 USドル(税引前)

 7,114円相当

  ※1ドル135円で計算

 保有しているのは下記6銘柄。

 SPDY、SPXL、VTI、VT、VOO、HDV

 SPXL以外は年4回配当。

 超円安がいっこうに改善されない今、

 ドル建て配当金なのがありがたすぎる。

 

②レンディング

 ●ビットコイン貸借料合計●

 0.00635802 BTC

 19,074円相当

 ※年利10%、1BTC=300万円で計算

 

 ●イーサリアム貸借料合計●

 0.00396235 ETH

 673円相

 ※年利10%、1ETH=17万円で計算

 

 やっぱりレンディング貸借料は

 かなり大きいですね。

 私はBitLendingで貸し出しています。

6月の投資金額

米国ETF

 合計272,087円

 

 5月6月と米国市場の下落が続いたから

 かなり買い増しをしました。

 しばらく円安が回復しそうにないから

 今後しばらくは下がるたびに買う、を

 繰り返していくことになりそう。

 

投資信託

 合計22,717円

 ※うち2,301円は楽天ポイント使用

 

 保有しているのは下記銘柄のみ。

 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 手数料 なし、運用管理費用0.0968%の

 かなり優秀な商品です。

 

③NFT購入

 合計0.66045438ETH

 112,277円相当

 ※1ETH=17万円で計算

 ※上記金額に送金手数料/ガス代等含む

 

 6月は人生初のNFTを購入しました。

 買った商品や買った時の話は

 こちらからどうぞー。

oyakudachi-info.hatenadiary.com

 

6月のまとめ

配当金+貸借料=26,861円

投資した合計額…407,081円

 

このようになりました♡

レンディングのおかげで

不労所得が大幅アップしてます。

米国ETFの配当金は毎月じゃないから

毎月もらえるBitLending

ありがたすぎるね。

 

投資合計額もたぶん過去最高。

米国市場が思いっきり下がったし

イーサリアムも下がったから

買いの好機だったと言わざるを得ない。

 

下がった時に買う、が投資の鉄則…

なんだけど出来ない人が多い。

昔のわたしがそうだった笑。

投資をはじめてから7年経つけど、

 

・投資商品選びに時間を割く

ドルコスト平均法で買い続ける

・ちょっと下がったからってすぐ売らない

・市場が好況な時は現金を温存する

(=調子にのって買いすぎない)

 

このへんが利益を出すコツかな。

損をしないように勉強しつつ

強メンタル維持して頑張らねばね。

 

それでは今日はこのへんで♪

 

バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm

 

ついにNFTデビュー~私が1枚10万円のデジタル画像を買うまで~

ついについに

"NFT"買いました♡

価格は0.65ETH

約104,000円也。

(※1ETH=16万円で計算)

 

え?NFTって何かって?

上に貼った画像のことですよ。

そう、この画像1枚を10万円で

買ったんですけど、なにか?笑

 

※NFTについての説明はこの記事 ↓ わかりやすい。

www.sbbit.jp

はいはい、言いたいことはわかります。

この画像データ1枚の価格が

10万円オーバーだなんて、

ちょっとだいぶクレイジーよね。

 

私も同じように思っていました。

NFTっていうのが流行ってるらしいけど

ただの画像データでしょ?と。

現物の絵画を何百万、何千万出して

買う人のことは理解できなくはないけど

デジタル画像に金払うなんて意味わからんと。

金持ちの道楽だろう、と笑。

そんな風に思っていました。

 

でもね、

見てみたかったんです新しい世界を。

経験してみたかったんですNFTを。

 

とはいえデジタルデータ。

購入になかなか踏み切れず

気になる、でも買うの怖い、

でも気になる・・・

と、時間だけが過ぎていきました。

 

でも、すごいタイミングで

チャンスが訪れた。

 

それはね、

イーサリアム大暴落。

 

まずNFTを買うにはイーサリアム

そこそこ買わなきゃいけない。

でも私がNFTに興味を持ち始めた時は

1ETH=30万円くらいだったから

なかなか買おうと思えなかった。

 

けどイーサリアム価格がマージやら

アップデートやらで暴落して

一時119,000円まで下がったのよ。

ここで大量に買い増したわけ。

底値では買えなかったけど

30万円よりはずっと安く

合計1ETHちょっと買えました。

oyakudachi-info.hatenadiary.com

 

さあ、資金は調達できた。

次は何を買えばいいか?

 

これに関しては前から決めてた。

買うなら日本人が手掛けるやつ!と

ずっと思っていたので、

イケハヤさん(@IHayato)が手掛ける

CNP(Crypto Ninja Partners)にしました。

 

外国人が手掛ける人気のNFTとか

値段が高すぎるしよくわからないけど

CNPなら0.5ETHくらいから買えるから

手ごろ感あっていいなと思ったのよね。

 

CNPは合計22,222体発行されていて

それをすべて最初は0.001ETH

(160円くらい)で販売開始したの。

のちに値段がぐんぐん上がってくのを

私もリアルタイムで見ていて、

0.5ETHとか1ETHとかで売れてるから

投資商品としてさらに化けると思ったのも

購入を決めた大きなきっかけです。

※0.5ETHで売れる=500倍。やば。

 

最初の価格が安くてもみんなが

転売するたびにクリエイターにも売上が

入るしウィンウィンってことだね。

 

どうやって

22,222体もある中で

パンダ(リーリー)を

選んだのか?

 

という点については

基準はとてもシンプルで、

単純にかわいいと思ったのと、

黄色は金運アップの色だから

将来的にもっと値上りするかなと

期待をしてこれを選びました笑。

 

期待した通り、当初の購入価格の

0.65ETHを上回る0.8ETH~で

販売されてるからラッキー♪

 

アンパンマンしかり

しまじろうしかり

ヒカキンさんしかり

リーリーしかり

丸いお顔はやっぱりモテるのです。

 

CNPのコレクションは

ここから見れますよ↓

どの子も個性的でかわいいです。

opensea.io

 

興味のある方はぜひ♪

って気軽に言いたいとこだけど、

 

NFTを買うまでの

手順は、正直めんどい。

初心者にはよーわからん。

 

私もイーサリアムの暴落とか

きっかけがなかったら

まだ動いてなかったかもしれない。

私、リテラシー低いほうでは

ないと思うけどそれでも難しかった。

 

なので興味がある方はまず

おもちさん(@omochibigaku

とかのHPやYouTubeをチェックして

イケハヤさん(@IHayato)の

メルマガやツイッター

ハッキング・詐欺対策を

勉強されることを

強く強くおすすめします。

購入はそれからでも遅くない。

omochi-bigaku.com

とりあえずいまイーサリアム

すごく安いので先に買っておくのは

いいかもしれないですね。

イーサリアム買うなら

購入手数料や送金手数料を考えると

GMOコインがおすすめですよ。

送金手数料無料ってのがかなりアツイ。

\送金手数料無料の取引所/

GMOコイン

 

以上、私がはじめて

NFTを買うまでのお話でした~。

やっと一歩踏み出せて嬉しい。

NFTの世界を、世間一般の人より

早く楽しみ始めることにします♪

 

それでは今日はこのへんで♪

 

バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm

 

 

 

 

【最新】70日間ビットレンディングにビットコインを預けた結果~利益を公開します~

BitLending(ビットレンディング)さんに

ビットコインを預けて70日が経過しました。

 

最初は怪しい会社なんじゃないかと思って

おそるおそる利用していたけど(笑)、

契約者へもメールやLINEで

きちんとアフターフォローしていたり

問い合わせにもすぐ返信くれたり

まあそもそも月刊暗号資産の発行元だし

安心して利用させていただいてます。

 

初めての方むけに説明させていただくと

BitLendingは暗号資産の

レンディング(貸し出し)を

専門に事業をされている会社です。

暗号資産(ビットコインイーサリアムとか)を

貸すことで貸借料

(定期預金の利息みたいなもの)が

もらえるのです。

 

ちなみに私が貸し出している

ビットコインの数量とか詳細はこれくらい。

 

・契約数量:0.8BTC

・貸借料率:10%(先行者特典)

・預け入れ開始日:2022年4月22日

 

この条件で、BitLendingさんに

ビットコインを70日間預けて

確定した貸借料はこちらです。

 

ドドンッ!

f:id:nicky_oyakudachi_info:20220627114717j:image

トータルで

0.01476258BTC

円換算で44,287円

でした!

(※1BTC=300万円としています)

 

この画像だとちょっと

わかりにくいかもしれないけど

貸借料の合計はこういう計算になります。

 

契約時数量:0.80840456(6/1時点の保有合計数量)-0.8(私が最初に預け入れた数量)+貸借料0.00635802(6/1~6/30でもらえた貸借料)=0.01476258BTC

 

ただ放置して預けておくだけで

70日で44,000円もらえるサービスを

私はほかに知りません。

(億持ってる人とかは別だろうけど)

 

そんなにすごいなら今すぐ申し込むわ!

って方はこちらからどうぞ ↓

\年利8%で貸し出してみる/

BitLending

 

ここ最近ビットコインをはじめとする

仮想通貨全体で価格が下がっているから

買ったはいいものの売るに売れない人とか

5年、10年と長期保有するつもりの人とか

レンディングはやっておいたほうがいい。

 

BitLendingさんは年利が8%と高くて

ビットコインイーサリアムなら

おそらく国内ナンバーワンの利率だしね。

仮に1BTC預けたら1年で0.08BTCもらえる。

いま1BTC=300万円くらいだから

利息24万円相当がもらえる計算ね。

いやもう詐欺じゃね??って

最初はだいぶ疑ったけどこれほんとです。

 

以前のブログでも書いたけど、

BitLendingさんがここまでの年利を

出せる理由としては、

 

①月刊暗号資産の事業がある

→雑誌の事業があるから先行投資として

 ある程度利益を犠牲にしても大丈夫

 

②貸し出し先が多い

→海外の暗号資産交換業者や

 機関投資家(大口さん)にも貸すから

 貸出先が多くて年利も多く払える

 

ということだそうです。

しばらくビットコインイーサリアム

保有し続ける予定の方におすすめですよ。

 

※もちろん、会社破綻リスクとか

価格暴落リスクとかはあるので

しっかりとリスクを考えて

判断することは絶対条件です。

 

BitLendingに仮想通貨を送付する時だけ

0.0005BTCくらいの手数料がかかるけど

利用手数料とかは無料です。

申込みをしたらメールがくるので

記載の送付先アドレスに送金すると

あとは自動的に貸し出しを開始してくれます。

びっくりするくらい簡単でした。

\さっそく年利8%で貸し出してみる/

BitLending

 

ちなみにBitLendingさんでは

コインの購入はできないので

暗号資産自体を持っていない方は

まず口座開設が必要です。

私はビットコイン取引所手数料無料の

コインチェックで買ってます。

最短1日で取引可能ですよ。

いちおうリンク貼っておきますね。

コインチェックで口座開設する/

コインチェック

 

私が以前BitLendingについて

たくさん調べた時の記事もあります。

不安な方は、もしよかったら

参考までに読んでみてね。

oyakudachi-info.hatenadiary.com

 

なにかしらの資産を持っている場合

少しでも利息や貸借料がつくところに

預けるなり投資するなりして

増やすことを常に考え続けることが

大きくお金を増やす一歩だと思います。

思考を停止せずしっかりやっていきたいな。

 

時間を最大限有効活用して

賢く資産を増やしていきましょ♪

それでは今日はこのへんで♪

 

バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm

 

ついに円安を無視して米国ETFを買い増し

米国市場の下げがすごいですね。

ドル円も134~135円近辺を

ずっとうろうろしてて超円安だから

米国ETFを買い控えていたけど

ついに昨夜買い増しました。

f:id:nicky_oyakudachi_info:20220615130406j:image

もう少し米国相場が下がるような

気もするから全部1株ずつだけど笑。

画像で約定しているのは成行注文で

ほかに入れた指値は刺さらなったわ。

 

投資に使ったお金は828.77ドル

日本円換算で111,883円相当です。

ドル円=135円で計算)

最近米国株は買い控えていたから

けっこうな額買ったなと思う。

 

SPYDとHDVは高配当株だから

年に4回多めの配当金が入ってくるし

長期で保有し続けて売らない予定です。

他の銘柄も基本的には長期保有のつもり。

SPXLだけは乱高下激しいから

低いところで買って平均約定価格を下げつつ

プラ転したら売ろうかと思ってるよ。

 

てか、仮想通貨も米国市場も下落下落なのに

円安だけはもとに戻らないって・・・

日本ほんとにどうなっちゃうんだろう。

 

ちょっと投資の話から逸れるけど

日本の先行きが明るいと思えないので

子供達(2歳&0歳)に英語を習わせています。

日本で仕事がない、って時に備えて

ハードル低く海外に行けるようにね。

私(30代)はギリ日本で平均寿命まで

暮らせると思うけど、子供達は危うい。

そんなことも考えなきゃいけない時代。

私は日本が好きなだけに悲しいけど

生きていかねばだからね。

必要とあらば私も海外に住むつもりだし。

 

日本がどうなっても生きていけるよう、

米国ETFの配当金でもらえる米ドルは

外貨預金として貯蓄しておこう…。

 

なんだか暗い話になったけど

わたしは自分の身を守るのみ

 

それでは今日はこのへんで♪

 

↓バナークリックしていただくと

更新の励みになりますm